忘れていたものを思いだす

 2021年3月6日

 今わたしは生きるために前を見て進んでいくと決心しています。ですが、忘れていたものも思いだしました。

 それは、夢(目標)です。

 

 以前福祉の仕事についていた時、成年後見制度に興味を持ちました。色々調べたところ、行政書士の資格を持つと、成年後見人の仕事ができるということがわかりました。

 行政書士の試験は誰でも年齢問わず受験歴ることがわかり、すぐに勉強を始めたのですが、その矢先に癌宣告を受けました。。

 それからすぐ入院して治療をおこないました。そして治療を終え、退院してしばらくしてから、行政書士のテキスト本は全て捨てました。もう勉強をするような気力はとてもわいては来なかったのです。でもしばらくすると、またすこしづつ、何か始めたくなってきました。

 そして、再びテキストを購入し、勉強を始めました。自分でのまたこんな気力がわいてくると思いませんでした。

 

まだまだ合格のレベルまでは程遠いですが、仕事と家事の合間を縫ってコツコツを勉強を続けて夢を叶えたいと思っています。

f:id:jmarurex:20210306144004j:plain

ある日の夕食

 

前を見て進んでいこう

 2021年3月4日

 札幌は3月というのにまだ雪は多く寒い毎日です。体調を維持しながら仕事も続けられています。ですが、病気のことは頭からはなれることはありません。

 時々癌が再発したらどうしよう、と考えてしまうこともあります。でも、これから1年後、5年後、10年後と生きていくために、今できることをして前を見て進んでいこうと思っています。

f:id:jmarurex:20210304180915j:plain

お気に入りの貯金箱

 

朗読とカレーの夜に浸って

 2021年2月27日

 スミセイセキスイフォーラム 又吉直樹の生きる~朗読とカレーの夜~が、札幌カナモトホールで開催され、行ってきました。本来は昨年開催予定だったのですが、コロナの関係で1年延期になっていました。小説「火花」を読んで以来又吉さんのファンだったので、テレビ画面ではなく実物の又吉さんを見ることができてとても感激でした。

 又吉さんの詩と短編小説の朗読から始まり、ゲストの羽田圭介さんと進行役の向井慧さんと3人のカレー談義、羽田さんの小説の朗読、最後に又吉さんの小説の朗読で終了しました。

 又吉さんの朗読は最初からその世界観に引き込まれるものがありました。彼の家族、とくに母に対する暖かい思いを感じ、哀愁と笑いを交えて表現されていて、会場も暖かい笑いで和やかでした。そして最後はジンときました。

 カレーにまつわる短編小説の朗読もなんだか懐かしいような哀愁感じる世界から始まり、最後は以外な結末でした。

 羽田さんの小説の朗読はスピード感があり、やはり引き込まれるものがありました。

 3人のトークでは又吉さんはとにかくカレーを愛してやまないことを熱弁されていました。また、食は生きることと直結している、ともおっしゃっていました。

 

 最後に又吉さんは怒りに関する短編小説を朗読しました。感じたことは自分も些細な事や理不尽と感じることに怒りを感じることはよくあります。その怒りがたとえ正論からくるものでも、怒りにとらわれてしまうのはいけない、感情に支配されてはいけないのではないか、と感じました。

 又吉さんは、自分自身の中にあるものを大切にしながらも、繊細に他の様々な世界から色々なものを吸収し、創作の源にされているのかな、と感じました。

 今はコロナで大変な時ですが、いつか大通公園のオータムフェスタで美味しいカレーを味わっていただきたい、と思いました。

 

f:id:jmarurex:20210228142413j:plain

カレーではないですが

 

現在

 2021年2月25日

 癌治療を終えてやく1年半がたちました。体力は疲れやすいですが、仕事に家事にと動き回ることができているので満足しています。食事も美味しく食べることができています。

 先月は定期受診で先生とお話しました。今私の鼻の奥には約2センチほどの腫瘍はのこっていますが。その腫瘍は楽観的に考えると良性の腫瘍になっているかもしれないし、悪く考えると治療で一時的に癌細胞が動かなくなっているだけかもしれないし、それはわからない。腫瘍の一部を切り取って調べてそこが良性でも、腫瘍の反対側が悪性の可能性もある。今の時点では何とも言えない。ということでした。

 鼻の奥に爆弾での埋め込まれたかの様な気分でもありますが、これも私自身の体がつくったもの。今はこの爆弾と共に生きようと思っています。

f:id:jmarurex:20210225161423j:plain

ピンクの花

 

肺炎

 2020年11月

 再び受診した病院で肺のレントゲン撮影をおこないました。どうやら肺炎ではないかという結果でした。

 数日後肺のMRI撮影を行ったところやはり肺炎とのことでした。コロナではなかったものの、とてもショックでした。癌治療で体の免疫機能が落ちていたのかな、と思いました。食生活や睡眠などきをつけているつもりではありましたが。

 それからは仕事を休み、毎日抗生剤の点滴を打つためにに通院しました。約3週間ほどで回復し、職場復帰することができました。

f:id:jmarurex:20210222153922j:plain

 

PCR検査

 2020年11月

 仕事から帰宅したある日の夕方、なんとなく体がだるく熱っぽい感じがし、測ると7度の微熱がありました。風薬をのんでその日は早めに就寝しました。

 翌早朝、寒気で目が覚め、熱を測ると40度近く熱がありました。コロナにかかったのではないかととにかく不安でした。

 午前9時、職場に休みの電話をいれ、♯7119に電話をしました。コロナ検査ができる近場の病院を教えてもらい、すぐに検査をしに病院へ向かいました。結果は翌日とのことで、解熱剤をもらい帰宅しました。家ではとにかく部屋の閉じこもっていました。

 翌日の結果は陰性でコロナではないとのことで、とにかくほっとしました。そして風邪であれば風邪薬をもらいたいと思い、

f:id:jmarurex:20210221152411j:plain


再度コロナ検査をした病院を受診しました。

コロナ禍での災害

 2021年2月17日

 2月13日に再び福島での地震。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。また、コロナと災害と、続いていますが、小さなことでも自分にできることをしていきたい、そう思います。

f:id:jmarurex:20210217181649j:plain